メガネ君がどんどんダメ人間になっていく過程を生暖かく見守るサイト。


by rockaway-beach

迷子の僕らとアンダーグラウンドスーパースター

 ロスチャ終わりました。メガネ君ですこんばんわ。

 結局徹夜でやりましたけど。まあそこで感想ですよ。レッツレビュー。

 
 LOSTCHILD(たまソフト)

 一言で要約すると、平成ライダーごっちゃ煮ファンタジー風味。

 すげぇ井上臭がします。どこまでライター井上リスペクトだよってくらいの代物です。

 感想は、ファイズとアギトが面白いと感じる奴にはすげぇ面白い。つまり具体的に「考えるな、感じろ」という話。

 「伏線なんてものは単なる目安だ! あとはノリと気合で補えばいい!」(長官風に)って人はきっと面白く感じるでしょう。俺みたいに。

 話自体は物凄く陳腐かつ安っぽい。あと誤字が多い。半月版並みに。だがそれがいい。だってヒーローモノだもん。安っぽくてありきたりなお涙頂戴ですが、それでも変にリアリズムを追求するよりもこういう舞台には相応しい。

 人によって物凄い感想が偏るゲームですが、仮面ライダーリスペクターな俺にはツボ直撃でした。

 では、各キャラ感想。

・アーミット・ケルベルス(時任将路・藍)

 主役だけあって、後半に至るまでしっかりとストーリーの中核に絡みます。cvはシンちゃんとアルクェイド。ムラケンはっちゃけてます。

 序盤から昨今の主人公ライクに戦いを拒否する主人公。そんでもって巻き込むタイプの異能持ちヒロインと、昨今の流行フォーマットに従った主役です。最後まで甘ちゃんですが、しっかり主人公してます。ムラケンは泣いていいと思う。あと藍タソのおかげで、俺はロリコンなんじゃなくてAカップに興奮するんだということがわかりました。

・アーミット・フェンサー(小崎秀克・恠)

 草加雅人+アーチャー=小崎。恠(かい)という名前は、やはりカイザから取ったのだろうか。あと小崎のcvはアニメ版アーチャー。まさに典型的ライバルキャラ。

 最後の最後でニヒルキャラから馬鹿(褒め言葉)に進化した僕らの愛すべきアホ。アーティファクトブレイクのはっちゃけぶりは「ああ、こいつ馬鹿なんだ」というレベル。ニヒルなお前は何処に行ったんだ。あと小崎はツンデレ。

・アーミット・スレッジハマー(真島颱斗・聖)

「スレッジハマーは…… 最ッッッ強だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 この一言で全てを表現できる僕らのcv勇者王。多分一番弱いけど、僕らの中じゃ最強だッッッ! まさにスーパーヒーローッッッ!! まさに最ッッッ強ッ! でもアーティファクトブレイクは一番ダサいぞッッッ!! それがスレッジハマークオリティ。僕は彼らを忘れない。

・アーミット・ランブリングフェザー(安藤文弥・霧子)

 立ち位置は龍騎のライア(ネタバレにつき反転)。あと狙いすぎ。でも わ ぁ い はない。全腐女子が泣いた。他はどうでもいい。

・アーミット・クラフティハンツマン(大野清)

 拳銃使いはヘタレという方程式を改めて証明した人。でもボロボロというよりもヒスってる。まあ、ある意味ボロボロか。とりあえず彼は幸せだったんだと思うよ。

・残りの人々

 草薙は俺を殺そうとしている。もうこれは最終形態とか関係なく。

 坂本は序盤と後半で感情移入度がそうとう違う。

 cv緑川には期待するな。cvこおろぎさとみは濡れ場が(性的な意味で)犯罪に思える。


 考えるよりも感じるシナリオです。だからシナリオの情報量には期待するな。伏線未回収でも気にするな。敵がアレでも気にするな。

 決してハッピーエンドじゃないけれど、決して救われた最後じゃないけれど、そしてよくあるありきたりの手垢のついたシナリオだけど、それでも最後は美しく感じました。それでいいじゃないか。

 そう思うだろう? あんたも。(cv保志)
[PR]
by rockaway-beach | 2006-04-03 14:25 | 日記