メガネ君がどんどんダメ人間になっていく過程を生暖かく見守るサイト。


by rockaway-beach

はじめてアメコミというものに手を出してみた

 高い敷居も最近では難なく越えられるようになりました。メガネ君ですこんばんわ。

 今回手に取ったのはアラン・ムーア原作、デイブ・ギボンズ作画の『ウォッチメン(WATCHMEN)』です。長らく日本版が絶版状態でしたがこのたび映画化に伴って再販されたのをきっかけにちょっと奮発して買ってみました。

 なんというか…… こりゃあ確かに凄い作品です。全体としてストーリーが圧倒的過ぎる。もう何言ってもネタバレになりかねないからストーリーについては何も言わないけど、この作品は凄いぞ。本当に凄いぞ。3,500円とちょっとお高いけどそれに見合った価値はあるぞ。

 とりあえずロールシャッハがかっこいい。他のヒーローがよく言えばアメコミ的な、悪く言えばダs…… もとい古臭い衣装に身を包んでいるのに対し、一人だけ帽子にトレンチコートで顔なのか模様なのか分からないマスクをつけているというあのデザインがかっこいい。ついでに言うと彼に関しては全てがかっこいいので是非とも読むべき。

 ヒーローモノとして、物語として、ここまで高度に完成された作品を読むのは久しぶりでした。いつ以来かなぁ、この前の『蒼穹の昴』以来かもしれん。アメコミマジ半端ねぇ。

 というわけで葦谷っちは読めばいいと思うよ。

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)

アラン・ムーア(作)/デイブ・ギボンズ(画) / 小学館集英社プロダクション


[PR]
by rockaway-beach | 2009-04-05 20:08 | 日記