メガネ君がどんどんダメ人間になっていく過程を生暖かく見守るサイト。


by rockaway-beach

月媛

 そんなわけでなんか好評だからもう一回やります今回は月姫編! メガネ君ですこんばんわ。

 とにかく同人作品である月姫は商業作品であるFate/stay nightよりもさらによく分からない人が多いと思います。故に今回は月姫のキャラ紹介を主として行っていこうと思います。

 あと今回は容赦なくネタバレ入れてるのでご注意を。……プレイ済みの人しか読まないと思うけど。

あらすじ:

 幼い頃の事故の後遺症から、モノの壊れやすい線―――「死の線」を見る能力を持った主人公、遠野志貴。
 事故から八年の間預けられていた親類の家を離れ、志貴は実家へと戻る事となる。そこで彼を待っていたのは、すでに他人のような妹と二人の使用人だった。古びた洋館での慣れない暮らしに戸惑いながら、志貴と少女達の新しい生活が始まる。
 時を同じくして多発する猟奇殺人事件。その被害者は一様に全身の血液を抜かれていた。ある出来事がきっかけとなり、志貴は「吸血鬼」達とあとコーディネーターとナチュラルとの壮絶な戦いに巻き込まれていく事となる―――

 純白の吸血鬼は微笑む。
「私を殺した責任、とってもらうからね」 (公式HPより)

登場人物

遠野志貴
a0056625_18303655.jpg
 本作の主人公。殺人鬼としての秀でた素質がある。

 元来、遠野志貴にはコーディネーターの突然変異により視えないものを視る「SEED」という能力が備わっており、子供の頃の両親と妹の死がきっかけで、モノの「死」を見ることの出来る『直死の魔眼』を得る。視力は両目とも2.0(あるいはそれ以上)だが、直死の魔眼は脳に非常に重い負担をかけるため、普段は魔眼殺しの眼鏡をかけている。

 本名は飛鳥志貴。ブルーコスモスによるコーディネーター殲滅の後発見され、遠野家の長男と同じ名前であるという事から槙久の興味を引く。気まぐれから遠野に養子に取られ、四季、秋葉、双子の一方(翡翠)とともに幼少の一時期を過ごす。ゲーム開始直後では、幼少時の一部の記憶が暗示により封印されている。

 性格は喧嘩っ早く、目上の相手につっかかる癖がある。運動神経は悪くないが、慢性的な貧血持ちであるため体育は苦手。何事も器用にこなすが女性に対して鈍感である。各ヒロインから「愚鈍」「鈍感」「野暮天」「朴念仁」「一番悪い人」と言われている。

 たまに別人のように我儘になる。電車の車掌さんになりたがったり、シスコンになったりと忙しい。

 キラ・ヤマトに対して異常なまでの殺意を持つ。口癖は「あんたって人はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」、「さすが奇麗事は、アスハのお家芸だな!」、「お前、殺してもいいよね? 答えは聞いてない」など。



アルクェイド・ブリュンスタッド
a0056625_18393533.jpg
 本作の正ヒロインで、真祖と区分される吸血種。真祖の執行者。でもどう見ても猫です、本当にありがとうございました。12世紀頃に誕生したとされるが、その活動年数は1年にも満たず、人生の殆どは城で深い眠りにつくものだった。 猫なのに。
 
 性格は無邪気で天真爛漫で感情の起伏が激しい。ってか猫。わがままとも取れる行動をとるが、それは社会経験が殆どないためであり本人に悪気はない。ってか猫。自由奔放な猫のように、明るくしなやかな女性。むしろ猫。猫属性が強く、のちに猫アルクを生み出す結果となった。楽観的に見えるが、根は悲観主義。 だから猫だって。

 ヒロインでありながら、登場するなり志貴に切り殺されるという衝撃的な出会いをし、プレイヤーを驚かせた。 でも猫。

 太陽の下を歩いても平気で、人間の血を吸わない変わった吸血鬼。奈須きのこ曰く、「太陽の光に当たっても、『なんか暑ーい』位にしか感じない」のだとか。まあ猫だし。

 肉球はプニプニしている。メルブラだと何気に強キャラ。猫の癖に。

 好物はマカビンビン。飲むとCVが微妙に変わって頭身が高くなってジャック・バウアーを追いかけだす。



シエル
a0056625_18445718.jpg
 気さくで物腰の柔らかい、志貴の学校での先輩。しかし実はカトリック聖堂教会における異端審問の組織『埋葬機関』の代行者として、神に代わって異端を殺すことを生業としている人物。「シエル」は洗礼名であり、本名はエレイシア。

 組織の第七位(組織は七人編成。予備役が一人)であり、卓越した身体能力、膨大な知識、冷酷な感性を持つ。任務遂行時はクールで冷徹。数多くの武器を法衣の下にしまい込み、それらの武器の投擲による攻撃を主とするゆえに、埋葬機関から「弓」と呼ばれる。

 魔術に関しても秀でており、対立組織「魔術協会」の最上位の魔術師に匹敵するほどで、魔力のキャパシティーも通常の魔術師の百倍に相当する。簡単な催眠から、戦闘用の投剣「黒鍵」への魔術の付与、結界に関するものも見られる。ある理由から魔術を使用することを嫌うが、任務遂行の為なら拒まない。またその同じ理由から、決して死ぬことが出来ない。

 メガネにはあまり度が入っておらず、戦闘時は外していることが多い。

 画像はシエル先輩でイメ検。(脳内を)



遠野秋葉
a0056625_18475084.jpg
 志貴の義理の妹で遠野家ルートのメインキャラ。酒は飲むわ酒乱だわ嫉妬深いわとお兄ちゃん大変です。ルート上、秋葉がぶっ壊れるか志貴がどっか行っちゃうかのどっちかしかないという色々不憫な子。その志貴への愛情の一部でも本当のお兄ちゃんに向けてあげてください。

 例えるなら平原だろうか。とにかくまっ平らである。何が、とは言わない。言ったら×ろされかねない。いわゆるツンデレだがまっ平ら。きのこる先生はツンデレ=起伏に乏しいと考えていらっしゃるのだろうか。だいたいあってる。

 でもツンデレというよりむしろヤンデレかもしれない。遠野家ルートで他の子と浮気すると即ガチで殺しにくる。というかそれに対してこっちもガチで殺しにいく志貴も志貴だと思う。先輩には愛が足りません! 俺に言えるのはただ「罵ってください!」と叫ぶことだけである。

 必殺技である略奪呪界「檻髪」は触れたもの全てを消滅させる目視不能の攻撃。ようするにスタンド攻撃。尻には星型の痣がある。



翡翠
a0056625_18592411.jpg
 遠野家の使用人で、琥珀の双子の妹。邸内の食事を除く家事全般と志貴の世話を受け持っている。料理は、包丁の扱いが下手な事と味音痴である事から禁じられている。時々、主人公のために料理下手を克服しようとしているが、成功したことがない。

 寡黙で無表情だが、よく見ると感情表現がはっきりとしており、芯も強い。潔癖症で極度の照れ屋で男性恐怖症でもある。志貴が持ち歩いているナイフが初登場した時、その刃紋に見惚れる一幕も。

 対象の生命力などを増幅させる「感応」能力を持つ一族の孤児で、志貴と前後する時期に遠野家に使用人として引き取られている。当時から、琥珀とともに彼と縁のある人物。しかし志貴側は記憶が曖昧になっており姉妹側は以前のことをはぐらかしている。

 デザイン担当の武内崇が「双子のメイドを出して欲しい」と提案して誕生した。武内がメイド嗜好を持つため、場面のところどころでひいきされている。ちなみに、双子と指定したのは武内の初恋の人が双子だったからである。

 その迷推理っぷりから「洗脳探偵」の異名を持つ。「お部屋をお連れします」、「あなたを犯人です」、などの意味不明な言語で相手を混乱させ、自白を引き出す。遠野家編のキーパーソンでもある。探偵だから。死ぬと即行「教えて知得留先生」行き。死なないけど。

 あと声がエロい。



琥珀
a0056625_1971746.jpg
 遠野家の使用人で、翡翠の双子の姉。割烹着が普段着で、秋葉付として彼女の身の回りの世話や料理や庭の手入れ、遠野家の健康管理や財務管理など幅広く受け持っている。だが、邸内の掃除は破壊癖があるため禁じられている。また、薬学の心得があり、遠野家の庭の草で薬品を調合することがある。

 いつも明朗で笑顔を絶やさないが、実は翡翠とは逆に笑顔しか表情を表現できない。その裏には、過去の様々な出来事が深く関係している。

 どっかのアレとは違ってアレなのに人気キャラ。本当に何でだろうね、アレより腹黒いのに。被害者ぶってないからかしらん? アレと同様に全ての元凶であり、きのこる先生の趣味の塊である。人気はアレと比べると段違いに高いが。

 緊急時にはまじかる☆アンバーに変身して遠野家の平和を守っている。なお変身にかかる時間は0.1ミリ秒。勿論全裸になります。あとおっぱいマニア。唐突にエセ関西弁になったりするけど心配してはいけない。赤いゲートボール好きのロリババァ、ピンク色のニート侍、緑のおばさん、青い眉毛犬の頼れる四人の仲間がいる。



弓塚さつき
a0056625_19203963.jpg
 志貴のクラスメイト。本作の舞台・三咲町で起こった連続殺人事件に巻き込まれてしまう。

 中学時代に志貴に助けてもらった事があり、彼に想いを寄せていたが、肝心の志貴は気付いていなかった。

 ツインテールが特徴。遠野家ルートだと死ぬし、アルクルートやシエルルートだと放置という物凄い人。凄いやさっちん! 本当に救いようがないね!!

 一応、ルートそのものは用意されていたけど、他のヒロインを食うほど完成度が高かったからお蔵入りになったトカそうでないトカ。どこまで本当かはきのこる先生にしかわからない。

 なんか生き残っていれば死徒二十七祖っていうむっちゃくっちゃ強い吸血鬼の台帳みたいなのに載るくらいまで強くなるらしい。でも大概放置か死亡なのでその実力はよく分からない。シオンとレズい仲。エロシーン無い同士仲良くすればいいと思うよ。

 口癖は、「バカばっか…… なんちゃって」。筆者の忘れたい過去に100のダメージ!!









 画像間違えた……



遠野四季(画像はイメージです)
a0056625_2254789.jpg
 遠野秋葉の実兄で、本来の遠野家の当主(になる予定だった男)。妹ラブのシスコン。というかガチでシスコン。でも秋葉さんは志貴にゾッコンLOVEだったのです。くやしいのうwwwwwwwwwwwくやしいのうwwwwwwwwwww

 ネロ・カオスが非常に強キャラだったのに対し、ラスボスのこいつは無茶苦茶しょぼい。大体画像の人くらい。凄い噛ませ。蛇は強キャラのはずなのに戦闘力は蟹とはこれいかに。当て馬の悲しさかメルブラにも出れない。まぁ出てもしょうがないとも言う。

 とにかく妹は友達だと思ってた志貴に取られるは、信じてた琥珀さんには裏切られるは、本当にいいところなし。慎二以上にいいところなし。なんでこんなことになったんだろう。

 とりあえず戦闘力:蟹でもそれはあくまで人外の中での話。常人相手にはそれなりに強いよ、カリスマ皆無だから強く見えないけど。妹がガチ強キャラだから物凄く霞んで見えるけど。うん、やっぱり蟹だな。



有彦
a0056625_19283156.jpg
 志貴の友人。バイク旅行していたところ旅費が尽きて、この街でアルバイトをしている。根は思いやりがある性格だが、表面上は無愛想で“一匹狼”といった態度を取り、他人との交流を避ける。が、志貴たちの夢を守るために数多くの理不尽を相手に戦いを挑む。

 猫舌で、熱いものは冷まさないと食べられない。また非常に子供っぽい性格をしており、接客態度を注意した客に「うっせぇな」と返すこともしょっちゅうである。

 ファイズギアを使用することにより、仮面ライダーファイズへと変身することができる。戦闘スタイルは我流で、変身直後や戦闘中に右手首をスナップさせる癖がある。

a0056625_19405679.jpg

 その正体はウルフオルフェノクであり、すでに余命は幾許もない。また変身するたびにその短い寿命は確実に縮まっていく。

 また、重度のビルマニアであり、タモリ倶楽部の準レギュラー。その知識はタモリも一目置くほど。歌謡曲の造詣も深く、自分で編曲はおろか作詞作曲も行う。加えて万博マニアであり鉄っちゃんでもある。ちなみに台車マニアで「乗り鉄」である。筆者は鉄っちゃんでないためよく分からない。

 ちなみに「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」は速水もこみちのスクリーンデビュー作でもある。死ぬけど。



ネロ・カオス草加雅人
a0056625_19513226.jpg
 乾くんが出て僕が出れない? いけないなぁ、そういうのは…… ってなわけで灰になっても復活したぞ草加雅人! 多分しゃべる鹿のエドと同類だぞ草加雅人! 今回も騙すぞ草加雅人! ちびっ子に人気は無いぞ草加雅人! 「みんなー、草加は好きかなー?」「きらーい!」「そうかー(画像の表情)」、草加雅人!

 説明しよう! 草加雅人は孤児院である流星塾出身の21歳! 体内に埋め込まれたオルフェノクの記号が他の生徒よりも顕著に現れたため、唯一カイザギアに適合し、仮面ライダーカイザに変身することができるんだ!! つまり普通の人よりもちょっと体が丈夫なだけだから、変身しすぎるとやっぱり灰になっちゃうんだぞ!!

a0056625_20153492.jpg

 性格は一見真面目で誰にでも優しく、高潔な精神を持っているように見えるけど、自分に好意を抱かない人間はどんな手段を用いてでも排除にかかるぞ! たとえばファイズ本編ではよく馬こと木場さんを騙してたっくんと戦わせてたね! まあ騙されるほうも騙されるほうだけどさ! 主に馬!

 園田真理は彼の母になってくれたかもしれない女らしいぞ! 小説版だとレイプしてたけどね! 凄いぞ草加! どんな悪役よりも悪役らしいぞ!! でも最後にはよりにもよって馬に首折られて死んだり、四肢と顎を引き千切られて沙耶に飼われるとか散々な目にあっているぞ!! いろんな意味で自業自得だぞ草加!!

 ちなみに中の人は凄くかっこいいぞ! でもニヤリ笑いすると子供が泣くらしいぞ!! 理由は分からないでもないぞ!! でもウルトラマンメビウスに出たときは爽やかなナイスガイだったぞ!!

 ちなみにカイザは個人的に平成一かっこいいデザインだと思うぞ! かっこいいぞカイザ! 凄いぞカイザ!! 変身コードは913!! 変身おもちゃを中古で見かけて衝動買いするほど大好きだぞカイザ!! 

 このブログは草加雅人を応援しております。
[PR]
by rockaway-beach | 2007-09-15 20:17 | 日記